【11/26 12:00~】BLACK FRIDAY 10%オフ

2021/11/09 20:45

ー育てる愉しみ/鐵器のある暮らしー



---------------------------------------------------------
  鉄器は祖父母のふるい道具・・・。
---------------------------------------------------------

そんなイメージをお持ちでしょうか。

四百年以上の歴史を誇る南部鉄器ですが、
伝統の継承と、生活に寄り添った改革を続け、
IH対応の鉄瓶をはじめ、今の暮らしにしっくり来るのです。

---------------------------------------------------------
  重くて使いにくい。
---------------------------------------------------------

ずっしり重いのは昔のまま。
使いやすいとは言いません。
重くて不便なところも愛おしい。

不器用な道具が沸かしたお湯は、
まろやかで甘い・・・。
重くて不便でないと、この味は出せません。
不足しがちな鉄分を補給することもできます。

生活スタイルで選んでいただけるよう、
4つのサイズをご用意しました。

---------------------------------------------------------
  不器用だけど頼もしい。
---------------------------------------------------------

これからは、こんなイメージを持ってもらえるように、
少しずつ、ゆっくりと、鉄器の魅力をお伝えしたいと思っています。


-受け継がれるもの/南部鉄器 岩鋳について-

盛岡の鐵器文化の始まりは江戸時代初期、
南部の藩主が、京都から釜師や鋳物師を呼び寄せ、
茶の湯の道具を作らせたことから始まりました。

明治35年創業の岩鋳は、
デザインから生産まで県内唯一の一貫生産体制を整え、
伝統の継承と独自スタイルの確立に取り組んでいます。